カテゴリで見る 最果ての箱(最後の浮世風呂)


最後の浮世風呂



お座敷サロン 宴

兵庫県神戸市


***

識者は言う。福原には浮世風呂があったと。
研究者は言葉を繋ぐ。福原は種のラボラトリーであると。

かつてこの地には、トルコ風呂と浮世風呂が共存していたのだ。

流れゆく進化の過程で浮世なババアは淘汰されたが、
ゲートの中には今でも様々な業態がぎっしり詰まっている。
特浴、ピンサロ、ヘルス、一発屋、デリバリー、
福原はまさにアクアリウムと呼ぶにふさわしい場所なのだ。

***

プレイしにいったときには終わっていました。
あと数か月早ければ。一生の不覚です。

業態的にちょんの間じゃないのかという意見もあるかと思いますが、
「風呂がある」という絶対的な要件を満たすのが浮世風呂なのです。
この点1つをとっても全く違うと言えるでしょう。

お座敷サロンと浮世風呂は別物だとの説もありますが、プレイ内容的に同等のものであると判断しています。
先祖が異なるという主張もありますが、現在のところ決定的な証拠はありません。

また、最後の生き残りは「宴」ではなく「やさか」であるとの説もあります。これは検証中です。


トップページへ戻る 一覧へ戻る

inserted by FC2 system